学生時代、課題で救急救命の講習を受けた時
人が何かの病気が原因で倒れる時は、前のめりに倒れる。
人間の骨格は、前方にしか曲がらないからだ。
しかし後ろ側、すなわち仰向けに倒れた場合、倒れた人は無意識のうちに倒れた可能性が高い。
そう講師から、そう聞いたのを覚えていた。
システムをクラッシュさせた責任は「誰に責任があるのだ」と声を荒げる人間たちだけがいて、「それは私の責任です」という人間がひとりもいないようなシステムを構築したこと自体のうちにある。

Who is to blame? (内田樹の研究室)

身に染みるような論理。口先で論破できにくいところに、内田教授の武道的論理の強靱さがある。

(via handa, asyuu) (via gkojay) (via mcsgsym) (via wonderthinkanswer) (via lovecake) (via hkdmz) (via katoyuu) (via yaruo)

(via takaike) (via lemp3)

(via xlheads) (via sytoh) (via takojima) (via deli-hell-me)

(via mist2501) (via dqfu)
扉から美少女が出てこないか待っているのですが、ぜんぜんその気配がありません
「夫とケンカしたので仕返ししたい」と言われたので、夫のカバンに長めの紐をつなぎ、その先にタワシを結べ、運がよければ一日気がつかないしTwitterで『たわし散歩させてるおじさんがいたwww』って拡散されるよ!って伝えたの三日前なんですけど、今わたしのTLにたわしおじさんがながれて

Twitter / mitsubisi (via tkr)

おいたわしや

(via dqfu)

(dqfuから)

部屋が綺麗な人は、ここに閉まったから、あの道具はここにある、という探しかたをするんだけど、汚い人は、俺ならこの辺にあの道具を置きたがる、という過去の自分との心理戦をやる

Twitter / maruLoop (via rpm99)

はい

(via dqfu)

(dqfuから)

今回の岡山誘拐監禁事件について、被害者テレビを見て寝転がっていたのだから誰も傷付いていないだの、

なんぼなんでもくつろぎすぎだろwなどの揶揄、非難、

「抵抗していないのだから合意」みたいな意見散見された。

11の子供に。この先何年も閉じ込められていたかも知れなかったし、命を取られてもおかしくなかった状況から生還した被害者に、

一体何を求めているのか。

手足を縛られてぐったりと衰弱した様子で保護されたなら文句はないけど、とでも言うのか。

彼女が生きて帰って来られたのは、彼女の行動が、彼女の選んだ選択肢が、間違っていなかったからだ。

意図してのことかどうかは分からないが、生き残ったのだからしかったのだ。

パジャマを着て、アニメを見ることを選んだから彼女は帰って来られた。

他のどんな行動が犯人をどう刺激したかなんて誰にも分からない。


誘拐されそうになった時の話と、岡山の事件について (via katoyuu)

被害者は、別に我々の想像するような被害者になる必要はなく、無事だったならいいじゃないか。

(via dqfu)

(dqfuから)

イカれたメンバーを紹介するぜ!

誘拐した女の子を自分好みに育てて結婚しようとするリアル光源氏!
たまたま見かけた車のナンバーを三ヶ月記憶し続ける女性!
顧客の情報をペラペラ喋るリフォーム業者!
常連客を気持ち悪いと言う弁当屋店員!

以上だ!


Twitter / stmopr (via lupika)

あぁもう身も蓋もないなw

(via dqfu)

(dqfuから)

消防の頃、掃除の時間にふざけていたらガラスを割ってしまい
怒られるのが嫌で、その場からダッシュで逃亡を図った俺
追ってくる先生を振り切り、自宅まで逃げ込むと有無を言わさずに婆ちゃんの財布を強奪
その金を持って電車→フェリーと乗り継いで四国の親戚の家まで高飛びし
そこで親が迎えにくると聞くと更に伯父の財布を失敬して九州に逃げた
そんな映画「逃亡者」を地で行くような逃避行をやらかした俺
その当時を知るものは俺を「ガラスを割って日本を縦断した男」と呼ぶ
言論機関がPV至上主義に晒されてる現状は根本的に問題だと思うんだが。

はてなブックマーク - 【藤代裕之×西田亮介】ジャーナリズムに「釣り」タイトルは必要か? #JCEJ - Togetterまとめ (via katoyuu)

この件についていろいろ議論した結果、現在のウェブのアーキテクチャが釣りをしやすい構造になっていること、言論とビジネスは分けて考える必要があり、PVを稼がなければ収益が出ない構造のビジネスの場合、釣りでアクセス数を稼ぐのは避けることのできない事態であり、だからこそ収益性をある程度度外視できる公共放送のような仕組みでないと、釣りを排除するのは難しいかもね、とか。というか、「タイトル」で釣る必要がなく、本文の内容そのもので関心を集めることのできる仕組みが仮にできるのであれば、別にタイトルで釣り的要素を先鋭化させる必要も無くなるよね、と。

本文そのものを何らかのかたちで流通できて、且つ関心のある人たちに読んでもらえるような仕組みがあればいいわけで。たとえばTumblrのdsbdとか。

(via pdl2h)

たとえばShortNoteとか

(via kotoripiyopiyo)

(kotoripiyopiyoから)